DOCUMENT

#17

geidaiRAM GLOSSARY
2014-15

(2015年03月15日)

2014年度のgeidaiRAMで出てきた約70の重要概念について、研修生を中心に調査執筆。2014年度の開催記録を含むドキュメントであると同時に、今後へ向けた出発点となるコンセプトブックとして、105ページに及ぶ「geidaiRAM GLOSSARY 2014-15」がまとめられた。#NPO#お金#人権#会計#公共性#労働者#市民#憲法#指定管理者#文化政策#業務委託#福祉#評価#雇用

#4

アートと労働
法律と権利を学び、考える
弓倉京平

(2014年07月18日)

geidaiRAM総務講座第3回目は、「働き方のかたち」を出発点として労働・契約・雇用に関する法制度を改めて概観し、労働環境をめぐる課題について議論した。弁護士の弓倉京平氏をお招きし、労働紛争に関する様々な具体例と共に、雇用関係・労働法・下請法からアートの現場を捉え直した。#アートプロジェクト#お金#人権#働き方のかたち#労働#労働環境#法律#表現隣接者#雇用#雇用や労働の柔軟性

#2

「労働者」として携わるアート――人権と憲法から考える
須田洋平

(2014年06月23日)

アーティストの「権利」として著作権等の議論が活発になる一方で、アートマネジメントが語るべき「権利」の問題は、より根底的に捉え直すことができるのではないか。「権利の主体としてのアーティストを対象とするマネジメント」の実現のために、geidaiRAM総務講座第1回目では、法と権利の根本的な視点から、憲法の危機やグローバル化の時代における表現の社会性について議論した。#アーティストの労働者性#人権#労働者#憲法の危機#業務委託#法律#理想の社会