小林舞衣《 積まれた時間 》

「GEIDAI BIBLIOSCAPE 2019 – オブジェとしての本」展示作品
 メディア映像専攻修士1年 

《 積まれた時間 

本は時間そのものを記録する媒体である。日焼けしたページの色は、書かれた内容だけでなく、その本が形を成してから今この瞬間までの時間が確かに存在していたということを物語っている。

(2019年-, インスタレーション)

 

 

 

東京藝術大学 美術学部 先端芸術表現科卒
日常の中に居ながらにして、美術史や歴史といった客観的な時間軸を実感できる瞬間をきっかけに制作を行う。