大里淳《フレンドリースペース》

「GEIDAI BIBLIOSCAPE 2019 – オブジェとしての本」展示作品
 メディア映像専攻修士1年 


《フレンドリースペース》

喫煙所で誰か見知らぬ人にライターを借りたり貸したりした経験が、喫煙者にはあるかもしれない。あるいは、友人知人にもらい煙草をしたりされたりした経験が。煙草を介して生まれるコミュニケーションはときに突発的でどこかぎこちないし、交換や贈与がいいかげんな均衡でおこなわれることもよくある。そのようなぎこちなさ、いいかげんさをもった本があってもいいのではないだろうか。

(2019年-, インスタレーション)

 

 

 

東京藝術大学 美術学部 デザイン科卒
画像を軸にメディアのことを考えていきたいと思っています。メディアと、社会や歴史、経済、また人間の知覚のあり方や行動の様式、欲望との接続に興味があります。 https://loboqollopodol.tumblr.com/