大滝彩加《見る装置》

「GEIDAI BIBLIOSCAPE 2019 – オブジェとしての本」展示作品
 メディア映像専攻修士1年 

 

 

 

《見る装置》

これは、映像装置を模した、本を見るための装置です。情報媒体として本と映像を比較した時、目から情報を得るという点で共通しています。私たちは本を読む前に、まず紙に載った文字を見ています。そして、文字はいつでも決まった場所にあります。

(2019年-)

 

 

多摩美術大学 美術学部 絵画学科 油画専攻卒
リニアな時間を持つ映画と映像インスタレーション、二つの形式から映像を制作しています。映像の時間、運動、撮影すること、音、言葉、編集に関心を持っています。映像や言葉によって物事の見方捉え方を提示することを目指しています。
https://otakiayaka.tumblr.com