大和由佳《 蜘蛛とeveryone(世界人権宣言をテキストとして)》

「GEIDAI BIBLIOSCAPE 2019 – オブジェとしての本」展示作品
 RAM Intern

 

《 蜘蛛とeveryone(世界人権宣言をテキストとして)》

各国の人権侵害を国内問題として放置したことが、第二次世界大戦という悲劇を引き起こしたという深い反省のもと、国際連合によって作られたのが世界人権宣言である。ここで歴史上初めて、国や階級単位でなく、世界中の「全ての人間」が、生まれながらにして人権をもっていると明文化された。
台上にあるのは、宣言が採択された1948年当時、製作・配布されたポスターの複製で、持ち帰ることができる。

画像提供: UN Photo

(2019年-, インスタレーション)

 

 

 

美術作家。杖や洗濯、食事、発話といった日常の道具や行為を読み替え、映像やインスタレーション作品等を制作している。