[Report] 〈声〉の群島──ジョアンの残響のなかで(今福龍太)

歌の根源の場所、声の発生地について考えるフィールドワークを三浦半島の三崎で行いました。

前半は、源流から湾まで丸ごと残る生態系で絶滅危惧種も2,000種以上生息していると言われている「小網代の森」にて、今福氏のガイドによりフィルドワークを実施しました。全長1.6km、源流から河口までの散策路を静かに歩きながら自然の音を感じる体験をしました。

後半は、小網代湾にて作曲家の藤枝守氏による海中レコーディングを実施しました。入江で海中レコーダーをセットし海の中で発生する音の観察を行いました。

 

【開催概要】
日時 : 2019年8月24日[土]10:00-
会場 : 神奈川県三浦市三崎周辺
主催 : 東京藝術大学大学院映像研究科(RAM Association)
助成 : 2019年度文化庁「大学における文化芸術推進事業」

講師:今福龍太[文化人類学者, 批評家/東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授]
ゲスト講師:藤枝守[作曲家]

企画:今福龍太
運営:西本健吾, 澤本望
記録:倉谷卓, 村田萌菜
監修:和田信太郎

2019-08-25|