[Report] GEIDAI BIBLIOSCAPE 2019

東京藝術大学大学院映像研究科・東京藝術大学附属図書館・コ本や honkbooksの共同企画として、2019年9月6日(金)から8日(日)までの3日間にわたり「GEIDAI BIBLIOSCAPE 2019」を開催しました。

メインイベントでもある「オブジェとしての本」展では、附属図書館、大学院映像研究科、コ本や honkbooksとの共同企画によって、総勢31組のアーティストたちが展示やパフォーマンス、ワークショップなどさまざまな形で発表しました。RAM Associationからは研修生、インターン、フェロー、事務局スタッフも展覧会に参加し、「本とは何か」という思索を芸術表現によって試みました。三日間の会期中、3,000人以上の来場者が訪れ、図書館という場を創造的な活動のプラットフォームとすることで、本をめぐる新たな発見の機会となりました。

 

【開催概要】
日時 : 2019年2019年9月6日[金]- 8日[金]
会場 : 東京藝術大学附属図書館B棟
主催 : 東京藝術大学大学院映像研究科(RAM Association)
共同企画:東京藝術大学附属図書館, コ本や honkbooks
助成 : 2019年度文化庁「大学における文化芸術推進事業」

監修:桂英史
企画:和田信太郎
運営:澤本望, 西本健吾, 村田萌菜
運営補佐:平井亨季, 小林舞衣
広報:澤本望, 西山有子
記録:澤本望, 西本健吾, 村田萌菜, 倉谷卓, シェレンバウム・ゾエ, ジョイス・ラム
デザイン:大里淳

2019-09-09|