飯岡幸子《ヒノサト》

「RAM PRACTICE – ポストドキュメンタリーをめぐって」上映作品
 RAM2 Fellow 


 飯岡幸子《ヒノサト》              

《ヒノサト》

祖父が一人で手作りし、一度だけ回してその音を確かめ出征したという古い蓄音機の物語をきっかけに、監督は画家であった祖父の残した絵を辿って日の里の町を歩き始める。静かに映し出される町の風景。絵。そして挿入される小さな文字。画家のアトリエに光が射し込む時、流れる三つの時間がにわかに接近する。

(2002年,  43 min)

監督・編集/飯岡幸子
撮影/飯岡幸子 北野奈央
録音/河野恵
整音/臼井勝

 

 

 

飯岡幸子
映画美学校ドキュメンタリーコースにて佐藤真氏に師事、映像制作を始める。監督作に『オイディプス王/ク・ナウカ』(2000)、『ヒノサト』(2002)。撮影スタッフとして参加した作品に、安井豊作監督『Rocks off』(2011)、酒井耕/濱口竜介監督『うたうひと』(2013)、杉田協士監督『ひかりの歌』等。昨年 kanzan Gallary にて初の個展『永い風景』(企画/協力:コ本や honkbooks)を開催。

 

 

RAM PRACTICE 概要ページはこちら

 

2019-02-14|