RAM PRACTICE 2020 – Online Screening
+ RAM FORUM 2020

2019年度のRAM Associationの活動成果発表の場として、2020年3⽉27⽇[金]から29日[日]まで3日間限りのオンライン上映会《RAM Practice 2020 – Online Screening》を開催しました。

当初は、展覧会と上映会の2つの枠組みで発表する予定で準備を進めていましたが、新型コロナウイルス感染の拡大防止のため開催を見送る判断をしました。 その一方で、危機的な状況下に疲弊するばかりでなく、表現する機会を途切れさせないために何ができるかRAMメンバーたちで議論を重ねた結果、本企画が立ち上がりました。オンライン配信が作り手にとって作品の見せ方として十分でないことは自覚しつつ、研修生のみならずインターン、フェローからも多くの参加表明があり、17名の作家たちの新作を一挙に発表するに至りました。

3月29日[日]にはRAMメンバーのみのクローズドなオンライン講評会として《RAM FORUM 2020》を実施し、各作品へのフィードバックだけでなく、フェローによるRAM Series Projectについての報告など、RAMプロデューサーの桂、高山を交えて今年度の活動を総括しました。 各自の作品をブラッシュアップしていくためのポイントや、表現に向かう姿勢を再確認するとともに、来年度に向けた課題や目標を各々持ち帰りました。

 

【開催概要】
《RAM PRACTICE 2020 – Online Screening》
日時 : 2020年3⽉27⽇[金]9:00 - 29日[日]26:00
会場 : オンライン
主催 : 東京藝術大学大学院映像研究科(RAM Association)
助成 : 2019年度文化庁「大学における文化芸術推進事業」

企画:和田信太郎
運営:村田萌菜
運営補佐:田郷美沙子, 宇佐美奈緒
整音:藤口諒太
広報:西本健吾
監修:和田信太郎

《RAM FORUM 2020》
日時 : 2020年3⽉29日[日]16:00 -
会場 : オンライン, theca(コ本や honkbooks, 池袋)
主催 : 東京藝術大学大学院映像研究科(RAM Association)
助成 : 2019年度文化庁「大学における文化芸術推進事業」

講師:
桂英史[メディア研究, 東京藝術大学大学院映像研究科教授]
高山明 [演出家, 東京藝術大学大学院映像研究科教授]
和田信太郎[RAM Association ディレクター/東京藝術大学大学院映像研究科 助教]

運営:佐藤朋子, 中島百合絵, 村田萌菜, 澤本望
記録:澤本望, 村田萌菜
監修:和田信太郎

2020-04-17|