[Report] RAM PRACTICE《 ポストドキュメンタリーをめぐって 》
〈 DAY2: SCREENING EVENT 〉

東京藝術大学大学院映像研究科が実施する「geidaiRAM2(メディアプロジェクトを構想する映像ドキュメンタリスト育成事業)」は、2日間にわたって「RAM PRACTICE – ポストドキュメンタリーをめぐって」を開催しました。トークセッション(2/15)と、スクリーニングイベント(2/16)の2日間のプログラムです。

〈DAY2: SCREENING EVENT〉では、RAM2の研修生やフェローの活動を紹介するのに加えて、国内外で活躍する8組の若手アーティストをゲストに迎え、ユーロライブにて上映会を開催しました。都市に潜む身振りの模倣、GIベイビーの歴史、聾者と聴者の対談、干し蛸とキリスト教伝来、東京におけるカミダーリ、身体の感覚/現象の映像化、東アジアの亡霊、セントへレンズ山の動態、現代における暦物語など発表作品のテーマは多岐にわたります。映像表現における文法や話者の立ち位置を問い直す「ポストドキュメンタリー」。その可能性を広げる担い手たちが一堂に会する機会でした。上映後は、geidaiRAM2プロデューサーの桂英史と高山明による対談が行われました。

 

 

【開催概要】
http://geidai-ram.jp/event/1047/
日時:2019年2月16日[土] 13:00-21:00
会場:渋谷ユーロライブ

主催:geidaiRAM2(東京藝術大学大学院映像研究科)
助成:平成30年度文化庁「大学における文化芸術推進事業」

企画:和田信太郎
運営:佐藤朋子・田中沙季
テクニカル:澤本望
広報:西山有子・澤本望
デザイン:和田信太郎
当日パンフレットデザイン:村田萌菜
写真記録:澤本望・万里
映像記録:佐藤貴宏

2019-02-17|