玄宇民
《 逃島記報告会 》

《 RAM PRACTICE 2020 – Online Screening 》上映作品
 Program E 


《 逃島記報告会 》

香港の離島でのリサーチを中心としたプロジェクト「逃島記(とうとうき)」。 2017年に初めて香港を訪れた際の着想から、どのようにアイデアが出発し、変形し、何を参照しながら現在に至っているか。制作のプロセスを詳細に「報告」した「逃島記報告会」(2020年2月2日横浜にて開催)の映像版。

Totoki Report Meeting, 2020
16:9, HD, Stereo Sound, colour, 1°23’56”

 

 

1985年東京生まれ。生まれた地を離れた人々のありようと移動の記憶、マイグレーションをテーマに映像作品を制作。主な作品は『NO PLACE LIKE HOMELAND』(2011)、『OHAMANA』(2015)、『未完の旅路への旅』(2017)など。2016年以降ソウル独立映画祭(韓国)、Taiwan International Video Art Exhibition(台湾)、ディアスポラ映画祭(韓国)などで作品上映。東京大学文学部美学芸術学専修卒業。東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修士、同博士後期課程修了。

http://www.vimeo.com/woominhyun

 


《 RAM PRACTICE 2020 – Online Screening 》概要 >>