《RAM PRACTICE 2020 – Online Screening》

 

東京藝術大学大学院映像研究科が主催する「RAM Association(メディアプロジェクトを構想する映像ドキュメンタリスト育成事業)」は、3日間限定のオンライン上映会《 RAM PRACTICE 2020 – Online Screening 》を開催いたします。

当初、この3月に展覧会と上映会の2つの枠組みでRAMの活動成果を発表する予定でしたが、新型コロナウイルス感染の拡大防止のため開催を見送る判断をしました。ただし、この危機的な状況下で疲弊するだけではなく、どうにか表現する機会を途切れさせないためにRAMメンバーたちで議論を重ねてきました。この事態に応答する表現をするべきなのか。そもそも表現したい衝動は何なのか。オンライン配信が作り手にとって作品の見せ方として十分でないことを分かっていながらも本企画が立ち上がり、研修生だけではなくインターン、フェローからも多くの参加表明があり、17名の作家たちの新作を一挙に発表する《 RAM PRACTICE 2020 – Online Screening 》を開催するに至りました。

RAM Associationでは、映像表現の探究を活動の一つに位置づけています。映像作品に内在する語り方や人称を問い直し、フッテージの肌理を注視し組み立て、社会や都市における問題を見出しどう応えるか。映像メディアの条件を再定位するべく、「ポストドキュメンタリー」をキーワードに新たな芸術実践を目指してきました。今回のオンライン上映の作品は、物語性(ナラティヴ)、マイグレーション、パフォーマンス、詩的情動、叙事詩、都市の祝祭性、コミュニティーなど、いずれも同時代を考えるには不可欠な主題が並んでいます。シアター形式での上映とは異なるため、鑑賞する皆さんの端末やネットワーク環境が作品の経験を大きく左右することもありますが、作家たちからの投げかけに各々の場所から向き合う3日間を共に過ごすことができれば幸いです。

 



上映プログラム (
English below)

  Program A  
カニエ・ナハ《 リアリー・イン(really yin)》
小林太陽《 ぼく(ら)は今のなかで 》
土本亜祐美《 ぼろぼろな駝鳥 》
坂本裕司《 川うつし 》
玄宇民《 逃島記 (Ver 2.5)》

  Program B  
吉田高尾《 コトわり 》
かわかみしんたろう《 東京カミダーリ vol.2 》
潘逸舟《 取り除かれた風景 》
大和由佳《 フラフ、川揚る 》

  Program C  
倉谷卓《 時代考証/レトロ/女学生 》
佐藤未来《 Girls Got Golds 》
ジョイス・ラム《 食火 》
オル太《 耕す家でのストーリーズ 

  Program D  
Eclipse Project《 Eclipse 
岡田直己《 ポッキーちゃん 》
青柳菜摘《 蝶鏡 》
エルサムニー・ソフィー《 父の声 》

  Program E  
玄宇民《 逃島記報告会 》

 


《 
RAM PRACTICE 2020 – Online Screening 》

|日程| 2020年3⽉27⽇[金]9:00 - 29日[日]26:00
※期間中いつでもご視聴いただけます。

|視聴方法| フォームよりお申込みいただいた方に、配信URLをお送りします。*プログラムは終了しました
|お申込みフォーム| https://forms.gle/X1nw9WTiwyDEM9qQ9
|視聴料| 無料

|参加アーティスト|
倉谷卓 / 小林太陽 / 坂本裕司 / ジョイス・ラム / 土本亜祐美 / 大和由佳 / 吉田高尾 /
エルサムニー・ソフィー / かわかみしんたろう / 佐藤未来 / Eclipse Project / 岡田直己 /
青柳菜摘 / オル太 / カニエ・ナハ / 玄宇民 / 潘逸舟

|整音| 藤口諒太

|WEB|http://geidai-ram.jp/rampractice2020/

|主催| 東京藝術大学大学院映像研究科(RAM Association)
|助成| 2019年度文化庁「大学における文化芸術推進事業」

|お問い合わせ| geidairam@gmail.com(RAM Association事務局)

 


Screening Program

  Program A  
Naha Kanie, Really Yin (I’m Sorry, Ms.Yang)
Taiyo Kobayashi, For the People Who Cannot Stay At the Same Time
Ayumi Tsuchimoto, A Ragged Ostrich
Yuji Sakamoto, The River
Woomin Hyun, Totoki (Ver2.5)

  Program B  
Takao Yoshida, KOTO-WARI
Shintaro Kawakami, The Metropolis Kamidaari: Examing Tokyo vol.2
Ishu Han, Removed Scenery (7mins ver.)
Yuka Yamato, When the flag is a river

  Program C  
Takashi Kuraya, Is this Memory, History, or Null?
Miku Sato, Girls Got Golds
Joyce Lam, The Cooked
OLTA, Stories at the Cultivate House

  Program D  
Eclipse Project, Eclipse- A glass of water; Reactivating body
Naoki Okada, Pocky-chan
Natsumi Aoyagi, CHOKAGAMI
Sophi Elsamni, Chi Chi no Koe

  Program E  
Woomin Hyun, Totoki Report Meeting

 

“RAM PRACTICE 2020 – Online Screening”

|Screening Dates|9:00 Friday 27th March – 26:00 Sunday 29th March JST

|Viewing Method|A link will be sent to those who successfully submit this form.  *The screenig has finished. 
|Fee|Free

|Artists|
Takashi Kuraya / Taiyo Kobayashi / Yuji Sakamoto / Joyce Lam / Ayumi Tsuchimoto / Yuka Yamato / Takao Yoshida /
Sophi Elsamni / Shintaro Kawakami / Miku Sato / Eclipse Project / Naoki Okada /
Natsumi Aoyagi / OLTA / Naha Kanie / Woomin Hyun / Ishu Han

|Sound mastering| Ryota Fujiguchi

|WEB|http://geidai-ram.jp/rampractice2020/

Organised by RAM Association, Graduate School of Film and New Media, Tokyo University of the Arts.
Supported by Program for Cultural and Art Promotion Utilizing Universities (2019) , Agency of Cultural Affairs.

For enquiries, please contact geidairam@gmail.com