ジョイス・ラム
《 食火 》

《 RAM PRACTICE 2020 – Online Screening 》上映作品
 Program C 

《 食火 

「とんど焼き」は一年の無病息災を祈るために、瀬戸内海に浮かぶ大三島で毎年行われている行事である。村の人びとは協力し合いながら、高さ約8メートル、幅約3メートルのとんどを作り、全員で空き地まで引いたあとに火を放つ。火を起こし、火を囲み、そして火を食べる——火にまつわる人の営みからその場所の歴史、人間の根源的な習性を思索する。

音楽|石田多朗(Drifter Inc.)

The Cooked, 2020
16:9, HD, Stereo Sound, colour, 11’07”

 

 

香港生まれ。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)日本語・経済学科卒業。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。アートブックをはじめ、雑誌などの出版物の編集に携わる。メディアとして映像と写真、本が持つ特徴を生かしながら、個人的にドキュメンタリー映像やブックアートの制作にも取り組んでいる。

joycetsin.com


《 RAM PRACTICE 2020 – Online Screening 》概要 >>