土本亜祐美
《 ぼろぼろな駝鳥 》

《 RAM PRACTICE 2020 – Online Screening 》上映作品
 Program A 

《 ぼろぼろな駝鳥 》

詩人・高村光太郎の「ぼろぼろな駝鳥」を元にした映像作品。詩という表現を考えた時、言葉が少ない分、余白が生まれ、読み手が独自に思い描くことができる。短い言葉の並びに、自分の考える解釈を、映像と朗読というレイヤーを加え、より深いところへ誘う。この詩は、人がいなくなった福島で道路を走っていた駝鳥と重なる。図らずも檻を出てしまった駝鳥は彷徨い、死に向かう。動物園から出られない駝鳥はどんな夢をみるのか。

A Ragged Ostrich, 2020
16:9, HD, Stereo Sound, colour, 2’56”

 

 

アニメーションを解放するをテーマに、環境や人からインスピレーションを受け、個人の内的表現に停まらない表現を模索する。手書きやデジタルドローイング、実写など、いろいろな表現方法でアニメーションを制作する。 2011年広島市立大学芸術学部デザイン工芸学科卒、東京在住
。

tsuchimotoayumi.wixsite.com

 


《 RAM PRACTICE 2020 – Online Screening 》概要 >>