吉田高尾
《 コトわり 》

《 RAM PRACTICE 2020 – Online Screening 》上映作品
 Program B 


《 コトわり 》

RAM Associationの活動の一環であるフィールド・サーヴェイで、青森と奄美大島に行った際に撮影された映像素材を元に制作しました。 人とモノ、コト葉と出来ゴトは、都市生活では区別できているようでいて、その境界線上では、はっきりとは区別できません。青森と、奄美大島では、その境界線がより日常的に曖昧で、その中で行ったり来たりしている人々モノモノがいて、私は彼ら彼女らそれらを探しに行きました。

撮影|吉田高尾、倉谷卓、玄宇民、佐藤貴宏、佐藤朋子、澤本望、田郷美沙子、土本亜祐美、中島百合絵 西本健吾、平井亨季、村田萌菜、Jang-Chi
監督|吉田高尾

KOTO-WARI, 2020
16:9, HD, Stereo Sound, colour, 8’53”

 

 

1987年生まれ。横浜国立大学で映画について学んだ後、システムエンジニアの会社に勤めながら、批評活動を行う。退職後、シナリオライターとして、かわさきFMで1年間「ラジオドラマの失敗」という番組内のラジオドラマを執筆。ただいま、多方面に勉強中です。ずっと勉強してたいです。

 

 


《 RAM PRACTICE 2020 – Online Screening 》概要 >>